電力自由化

1.電力会社を自由に選べるようになります。

電力自由化とは、それまでは国により指定されていた電力会社を、利用者が自由に選択できるようになる制度です。
日本の電力の自由化は、2000年に工場やオフィスビルなどの規模の大きい”特別高圧”の自由化がなされたことに始まります。
2016年4月から、小規模事業者様やご家庭向けの”低圧”電力が自由化されることで、全ての方が自由に電力会社を選ぶことができるようになります。

2.あなたに最適なプランを選べるようになります。

これまでの旧一般電気事業者(東京電力、中部電力等)が独占する電力小売体制では、電力会社間での競争がありませんでした。
しかし、電力自由化により、新たな新電力会社の参入が増え、これまではなかった様々なサービスが提供されるようになります。
たとえば、「”エコ”な電気を使いたい」、「とにかく安い電気がいい!」など、ご自身にいちばん合った電力プランが見つかるようになります。

3.毎日の電気料金が安くなります。

これまでの旧一般電気事業者による独占体制では、電力会社が全ての費用をお客様に転嫁する総括原価方式で運用がなされていました。
その結果、非常に非効率な経営となっており、お客様の電気料金負担が重たくなってしまっていました。
電力自由化により、他業種のノウハウが電力業会に導入されることや、電力会社間での競争が生まれることから、電気料金の低下が見込まれます。